専用サーバーとは?

専用サーバーとは?

専用サーバーは、共用サーバーのように1台のサーバーをシェアすることとは違い、本体を丸ごと1台独有して契約するサーバーです。

VPSと専用サーバー、共用サーバーとの違い

そのため、共用サーバーのデメリットである、他利用者の影響を受けることなくサーバーの運用が可能です。

シンプルに専用サーバーをお伝えすると、他者の影響をうけることなく共用サーバーより高スペックであり、より利用者にとって自由度が高いビジネス向けのレンタルサーバーと言えます。

専用サーバーの主な利用用途って?

専用サーバーの主な利用目的としては、

  • 負荷の高いWebサイト
    (SNSサイトや大規模Webサイト)
  • 独自のアプリ開発
  • 社員管理や顧客管理などの高いセキュリティが必要なデータ

などが挙げられます。

また、大手の子会社などは企業のWebサイトや共有データを管理や安全面より専用サーバーで運用を行うケースも多いと言えます。

他のサーバーと比較したメリット

他のサーバーと比較した専用サーバーのメリットは以下の通りです。

  • 別サイトの影響を受けたパフォーマンスの低下や障害に巻き込まれることはない
  • サーバー自体のスペックが高い場合が多い
  • 利用者の自由度、拡張性が非常に高い
  • Webサイト等の突発的な大量アクセスにも対応が可能

専用サーバーは基本的に「root権限」を保有している場合が多く、利用者の自由度、拡張性が非常に高く、サーバーにインストールされる全てのファイルにアクセスが可能なことがメリットとなります。

専用サーバーのデメリットとは?

専用サーバーの一番のデメリットは初期費用や月額費用がとても高いことです。

共用サーバーであれば月額100円~1,000円程度に対し、専用サーバーは数千円~数万円ほどの費用となり、クラウドサーバーやVPSではかからない初期費用も数十万円かかるケースもあります。

その他としては、

  • 設定や運用にサーバーの専門知識が必要となる
  • サーバーの安定運用や社内にサーバー管理者が必要となる

以上のことがデメリットになりえます。

また、共用サーバーでは標準装備されているケースが多かった「WAF(Webアプリケーションファイアウォール)」や不正侵入検知(IDS/ADS)なども有料オプションとなるケースが多いです。

デメリットを解消するマネージドサーバー

専用サーバーを契約する会社がすべて管理を行ってくれるマネージド専用サーバーも近年増えているプランです。

メリットとしては、

  • 専用サーバーの高スペックをそのまま活用できる
  • 初期設定を行ってくれる(有料の場合もあり)
  • 高いセキュリティと安定性が保たれる
  • サーバー監視や運用管理もサーバー運営会社に任せることができる
  • 複雑なサーバー管理、サーバー障害時の切り分け、復旧作業も対応してくれる
  • バックアップの対応も行ってくれる

以上のことが通常の専用サーバーと比較した際のメリットです。専用サーバーの「設定や運用にサーバーの専門知識が必要となる」「サーバーの安定運用や社内にサーバー管理者が必要となる」などのデメリットを解消するために作られたプランといえます。

しかし、root権限は管理者ではないので持つことはできないため、自度由度が無くなるというデメリットが発生します。

マネージドサーバー」はこちらにまとめているので、是非確認してください。