FX専用VPSとは?

FX専用VPSとは?

FX専用VPSは、FX自動売買ツールMetaTrader4(MT4)又はMetaTrader5(MT5)を安定稼働するために開発されているVPS(仮想専用サーバー)です。FX専用VPSはEAの種類の豊富さや対応海外FX業者が多いMT4が標準装備されていることが多いと言えます。

また、VPSはWindowsリモートデスクトップ利用に特化したカスタマイズが行われており、サーバーの知識がない初心者でも利用できることが特徴です。

VPSを利用する理由

MT4でFX自動売買トレードを行うために、インターネット環境に常時接続しておくPCが必要となり、原則として24時間稼働させておくことが必要となります。

そのため、急なPCのシャットダウンや破損、停電などの突発的なトラブルに対応することが難しいと言えます。

そこで、PCを24時間安定稼働させるためにFX専用VPSを利用します。

FX専用VPSのメリット

リモートデスクトップ(手元のパソコンやスマートフォンから他の場所にあるWindowsマシンを遠隔操作できるシステム)を利用し、FX専用VPS内でMT4を起動します。

このことにより、PCの電源を切ってもFX自動売買トレードを行うこと、運用し続けることができ24時間365日安定したFX取引が可能です。また、自宅以外の環境からセキュリティが保たれたまま、スマホやタブレット端末等を使って操作することも可能です。

結果的に電気料金も安くなる傾向にある

FX専用VPSはクラウド上で実行されるため、24時間PCをつけっぱなしにしているより、電気料金が安くなる傾向にあります。大幅なコストダウンとはなりませんが、長時間利用しても必要以上の電気代がかからないことがメリットです。

また、MT4はクラウド上で実行されるため利用するPCのスペックを高くする必要はありませんし、PCの買い替えなども楽です。

FX専用VPSの特徴まとめ

  • 月1,200円程度から利用することが可能
  • FX専用VPSかつデスクトップサービスのため、初心者にも簡単に利用可能
  • PCの電源を落としても稼働している
  • VPS内でMT4などの各種アプリケーションが24時間稼働し、24時間取引が可能
  • 停電時や突発的なリスクでもFX専用VPSは稼働しつづけているので安心
  • 自宅以外のスマホやタブレット端末からもアクセス可能

以上の特徴があります。

また、VPSを利用しているため、PC運用と比較し大規模な取引や金融取引の遅延が少ないことも大きな特徴として挙げられます。