レンタルサーバーにおける「SSD」とは?

SSDとは?

SSDとは「ソリッドステートドライブ(Solid State Drive)」の略となり、レンタルサーバー内のファイルやデータを保存して記憶するための記憶装置を言い、半導体素子メモリを用いたストレージとも呼ばれます。

今までレンタルサーバーにおけるストレージはHDD「ハードディスクドライブ(hard disk drive)」が支流でしたが、技術の発展と共に比較的安く購入できるようになり、レンタルサーバーにおいても、SSD搭載のレンタルサーバーが多くなりました。

SSDとHDDの違いとは?

SSDとHDDの違いとしては構造や仕組みが異なり、電気的な機械信号を利用しデータの読み書きを行います。HDDとSSDの違いを画像と比較しながらお伝えしていきます。

従来のレンタルサーバーはHDDが支流で、以下画像のようにHDDはレコードやCDの形でディスクが入っており、ディスクが回転しながら磁気ヘッドでデータを読み書きしていきます。

レンタルサーバーHDD ハードディスクドライブ(hard disk drive)

HDD出典:TOSHIBA

一方、SSDは内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きを行います。(パソコンで利用するUSBメモリをイメージすれば分かりやすいです)

SSD

SSD出典:TOSHIBA

SSDとHDDの比較

SSDとHDDとの違いは、以下で比較する項目に違いがあります。

比較内容 SSD HDD
コスト △高い ○安い
データ容量 △少ない ○多い
処理速度 ○速い △遅い
耐久性 ○強い △弱い
利用電力 ○少ない △多い
重さ ○軽い △想い
起動時の騒音 ○発生しにくい △大きな音が出る
寿命 ○長い △短い

 

以上の比較から、速い処理速度を求めるのであればSSD、ディスクに大容量を求めるならHDDとなりますが、実際はSSDでも大容量のレンタルサーバーが普及しており、比較的SSDの価格も安くなっているため、専用サーバーなどを検討される方以外は、断然SSDを選択した方が良いでしょう。

読み書きの速度が速いため表示速度はHDDの約3倍

SSDは従来のHDDに比べて読み書きの速度(処理速度)が速いため、表示速度はHDDの約3倍となります。

そのため、Webサイトを運営する場合やWordPressなどのCMSの運用や動的サイトなどがSSDにより高速になるため、SSD搭載のレンタルサーバーを利用することを推奨します。

オールSSDについて

データベースサーバー、WEBサーバー、メールサーバーなど、すべてのストレージにSSD搭載を行っているレンタルサーバーを基本的にはオールSSDと言います。

もちろん、オールSSD環境を提供しているレンタルサーバーの方が良いですが、データベースのみにSSDを搭載している場合でも効果が顕著に表れると言えます。