VPS(Virtual Private Server)・仮想専用サーバーとは?

VPSとは?

VPSは「Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)」の略で、実際には共用サーバーであり、仮想的に専用サーバーと同等の機能やスペックを兼ね備えていることから「仮想専用サーバー」とも呼ばれています。

共用サーバー・専用サーバーとの違い

特徴としてVPNは物理サーバーの中で仮想的に複数のサーバーを構築し、干渉し合うことがない「ゲストOS」を用意することが可能です。

VPSと専用サーバー、共用サーバーとの違い

共用サーバーとは違い、

  • ユーザー1人1人が管理者権限(root権限)を持ち自由に操作できる
  • 他のユーザーの影響や障害などが基本的にはない

と言うことがVPSの特徴となります。

一方専用サーバーとの違いとしては、VPSは仮想的に専用サーバーのように利用するだけで、専用サーバーのように丸ごと1台独占しているわけではありません。

そのためVPSに比べ、専用サーバーの方が性能や負荷に対する耐性が高くなる傾向にあるといえます。

クラウドサーバーとの違い

クラウドサーバーも仮想的に1つのサーバーに共存させる(分割できる)仕組みです。

VPSとクラウドサーバーとの違い

VPSと明確な違いとしてクラウドサーバーは、

  • 1契約で複数台のサーバーを持つことが出来ること
  • 従量課金の場合が多い
  • スペックがリアルタイムで更新できること
  • サーバーに負荷がかかった場合、自動でサーバーを増やし分散することが出来ること
  • その他高機能(専用セグメントやVPN機能等)が利用できること

などが定義として挙げられます。

シンプルにお伝えすれ、柔軟性を求めるならクラウドサーバーで、低価格(月額固定)で仮想サーバーをレンタルするならVPSを選択するイメージでしょうか。

また、近年多いクラウドサーバーのサービスはVPSを進化させたものだと言われています。

VPSのメリット・デメリット

VPSのメリットについて

他のサーバーと比較してVPSのメリットは以下の通りです。

  • 専用サーバーに近いスペックを安価な価格で利用可能
    (近年、低価格化が進んでいる)
  • 初期費用が無料な場合も多い
  • 共用サーバーより自由度が高くなる(root権限あり)
  • 他の使用者からの影響は共用サーバーより受けにくい
  • レンタルサーバーの種類ではコスパが一番良い印象がある

VPSは共用サーバーに対し、他の使用者からの影響を受けにくく、自由度が高いことがメリットです。

VPSのデメリットは?

デメリットとしては、リソースを完全に独有できるわけではなく、さらに共有回線のためネットワークの負担が大きいことが挙げられます。

その他のデメリットとして、

  • 共用サーバーに比べ料金は高い
  • サーバーを管理・運営しなければならず知識も必要
  • ハードウェアのカスタマイズ・自由度はない
  • VPSのサーバーは数もサービスも複雑で選びにくい

以上のデメリットに感じる方が多いのではないでしょうか。

VPSの主な利用用途

などがVPSの利用用途なるのではないでしょうか。

また、専用サーバーを利用するかVPSを利用するかどうか悩むと言うよりは、共用サーバーを利用しているユーザーが次のステップに選択する場合も多く、専用サーバーよりは手軽に安く利用できる点で選ばれています。