Home検索Archives

SSD搭載のレンタルサーバーのレビュー・評価一覧

72件のレンタルサーバーが見つかりました。

SSD搭載のレンタルサーバーを一覧でご紹介しています。利用者のユーザーレビューや口コミ評価から自身に合うレンタルサーバーを選択してください。SSDは、レンタルサーバー内のファイルやデータを保存して記憶するための記憶装置を言い、半導体素子メモリを用いたストレージとも呼ばれます。

絞り込んで検索する

エックスサーバー(XSERVER)

エックスサーバー株式会社
レンタルサーバー
4.5
4.5 rating
星5つ67%
星4つ24%
星3つ6%
星2つ3%
星1つ0%

今回、サーバーを申し込むとドメインが一つ永久無料というキャンペーンをやっていて非常にオトクに感じます。WordPressのインストール手順が非常に複雑そうだったのですが、簡単インストールという機能がついており、非常に短時間でブログを開始することができました。
ネット上の記事を見ると、お名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーに紐付ける方法が代表的なようです。ドメインの更新料が安いのが理由かもしれませんが、無料キャンペーンを使うとコスト的にも有利で簡単ですので、非常に満足しています。

ロリポップ!レンタルサーバー

GMOペパボ株式会社
レンタルサーバー
4.2
4.2 rating
星5つ36%
星4つ52%
星3つ12%
星2つ0%
星1つ0%

月額ワンコイン以下で利用できるのが魅力です。サーバーのストレージがHDDなので、いまさらスピード感には欠けますが、ミニサイトをWordPressで作る分には、特別不満もおぼえません。電話サポートはありませんが、利用者が多いので、ネットに様々な利用者のレビューや体験談が挙げられているので、情報に困らないことも利点のひとつです。

さくらのレンタルサーバ

さくらインターネット株式会社
レンタルサーバー
  • 最安値:131円/月
  • 初期費用:1,048円~5,238円
  • 2週間お試し無料!
3.8
3.8 rating
星5つ15%
星4つ50%
星3つ30%
星2つ5%
星1つ0%

月額500円程度で、容量も100Gもあるのでブログで使用する際は特に容量を気にせず使う事が出来ます。更にレンタルサーバの利用が初めてだった私には、電話によるサポートが分かり易くて助かりました。ただし老舗の安心感がある一方でコントロールパネルなどのシステム面が少し古臭く感じる所があり、初心者がサポート無しで設定を行うのはやや複雑過ぎる部分も感じました。
ただ、最近はコントロールパネルもリニューアルされたため、快適に利用できています。

ConoHa WING

GMOインターネット株式会社
レンタルサーバー
4.4
4.4 rating
星5つ50%
星4つ36%
星3つ14%
星2つ0%
星1つ0%

ConoHaWINGのベーシックプランを利用してみて特に良かったと感じたのは表示速度についてで、高速SSDが標準で搭載されているので他のレンタルサーバーと比べても表示速度は早いと感じています。表示速度が早いだけでなく動作は安定していますし、管理画面がとても分かりやすく初心者でも扱いやすいのもポイントが高いです。
料金については他と比べて少し高めな気もしますが、WINGパックを利用すれば1月あたり1000円以下で利用することも可能なので、機能面を考えるとコスパは良好だと感じています。またベーシックプランを選んだ理由については主に料金面で、上位プランのスタンダードプランだと料金が倍近くなってしまうので、費用を抑えつつ機能面も十分なベーシックプランを選択しました。
ただ、電話やチャットなどサポートは比較的充実していると思うのですが、平日の10時〜18時までしか受け付けていないので、その点は利用していて困ることがあります。問題が発生したタイミングによってはすぐにサポートが受けられず、解決までに時間が掛かってしまうこともあるので、この辺りはもう少し改善されたらなと思います。

スターサーバー

ネットオウル株式会社
レンタルサーバー
4.1
4.1 rating
星5つ50%
星4つ25%
星3つ13%
星2つ12%
星1つ0%

それまで使っていたホームページを公開していた無料サーバーが、サービス終了になってしまった。一時期はそのまま閉鎖を考えていた。
ただ、本当に終わりにしてしまうのがもったいなく、いくつかのサービスを比較検討をしました。その結果、ネットオウルさん運営するスターサーバーが比較的安く感じ、自分に合った料金プランがあったことが一番の決め手となりました。独自の無料ドメインも使えて、種類や内容にも問題がなく、気に入ったドメインがあったことも理由になっています。使える容量も問題がなく、かねてから使ってみたかったWordPressも使うことができ、満足しています。

ヘテムル

GMOペパボ株式会社
レンタルサーバー
3.9
3.9 rating
星5つ13%
星4つ62%
星3つ25%
星2つ0%
星1つ0%

サポートの評判のよさで利用することにしました。
電話によるサポートは充実していますし、実際に使ってみた感想ですが対応は良い方だと思います。他のサーバーサービスの中には、メールのみの問い合わせのところが多く、問題がすぐに解決できないこともありますが、ヘテムルならあまり心配ありませんでした。
欲を言えば料金がもう少し安いとありがたいです。

mixhost(ミックスホスト)

アズポケット株式会社
レンタルサーバー
4.1
4.1 rating
星5つ15%
星4つ77%
星3つ8%
星2つ0%
星1つ0%

ユーチューバーがおすすめしていたから利用しました。
mixhostを利用してみて、始めはやり方が分からなくて苦労しましたが覚えたら簡単でした。
新しいドメインが欲しいときもサーバー内でドメインが取得できるしそのままWordPressにも紐づけられるのですごく便利です。

お名前.comのレンタルサーバー

GMOインターネット株式会社
レンタルサーバー
3.1
3.1 rating
星5つ14%
星4つ14%
星3つ43%
星2つ29%
星1つ0%

初期費用無料で月額900円のプランに多くの期待をする方が、ムシが良すぎたのかもしれませんが、なによりも、サイトへの接続が安定しないというデメリットが大きすぎて、2短期間の利用で契約を止めた事を覚えています。
今はリニューアルを繰り返しているので安定しているかもしれませんが、各種宣伝メール攻勢もあり改めて利用するイメージはありません。

wpX Speed

エックスサーバー株式会社
レンタルサーバー
4
4.0 rating
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

WordPress専用のため、WordPressを簡単に入れられて、さらに複数サイトを同一プラン内で扱えるのがメリットだと思います。
w1プランで転送量によって価格が変わるのですが、その転送量の中であれば定額で収まるのが良いです。細かいジャンルでブログを複数持ちたいときに良いプランだと感じます。
私はw1プランを個人ブログと個人サイトの運用で利用していますが、エックスサーバー同様に何かサーバーで困ったことはありません。

カゴヤ共用レンタルサーバー

カゴヤ・ジャパン株式会社
レンタルサーバー
  • 最安値:880円/月
  • 初期費用:無料~3,300円
4.3
4.3 rating
星5つ50%
星4つ33%
星3つ17%
星2つ0%
星1つ0%

老舗のサーバーとして安定性が高くサポートが充実していると評判だったため利用することにしました。
カゴヤの共用サーバーはメールだけでなく、電話によるサポートも受けられるので移転作業で少し手間取った時に手っ取り早く解決出来たのは良かったです。サーバーの方も、かなり軽くて評判通りに安定して運用出来ていました。
しかし、S12プランを利用して、1番安いプランである上に安定したサーバー運営を優先しているためか、メールが利用できない、MySQLがないなど、WordPressを利用しようと考えたときに機能面への制限が多く、グレードアップか他社に変更するか2択となってしまいました。
結果、S22は料金が倍になるため半年程度で利用をやめて、他社に変更しました。安定した運用を重視している人にはおすすめ出来るサーバーだと思います。

JETBOY(ジェットボーイ)

株式会社ライムテック
レンタルサーバー
  • 最安値:290円/月
  • 初期費用:500円~3,600円
  • 14日間無料トライアル
3.2
3.2 rating
星5つ0%
星4つ40%
星3つ40%
星2つ20%
星1つ0%

JETBOYは趣味のサイト運営を安価で作りたい、しかも表示速度は速くという要望は満たせていたレンタルサーバーだと思います。月額290円という値段の安さがまずは魅力的であり、高速レンタルサーバーがこの値段で使えるというのが良かったポイントです。
ただ、コントロールパネルが結構見にくいので、かなり使い慣れてる人でも、どこに求めているリンクがあったかわからなくなってしまうことがあります。なかなか慣れることが出来ず苦戦。安くて速い良いレンタルサーバーなだけにもったいないと思います。

WADAX(ワダックス)共用サーバー

GMOインターネット株式会社
レンタルサーバー
3.6
3.6 rating
星5つ20%
星4つ20%
星3つ60%
星2つ0%
星1つ0%

初期費用が無料のキャンペーンがあったことが決めてで、WADAXのレンタルサーバーを利用しましたが、使ってみた感想としてはサーバーが安定しませんでした。セキュリティの高さの評判が高いレンタルサーバーだと聞いていましたが、セキュリティの高さ以前の問題としてサーバーが安定しなく速度が遅く感じました。さらにサポート体制が思っていたイメージとは違い、不親切な対応をされたと感じました。
決して月額料金は安くはないですが、ビジネスサイトとして使うにはセキュリティの高さは必須だと思っていたのでここを利用しましたが、サーバーの不安定さとサポート体制で契約期間満了で移転しました。

コアサーバー(CORESERVER)

GMOデジロック株式会社
レンタルサーバー
  • 最安値:198円/月
  • 初期費用:無料
  • 30日間無料お試し
4
4.0 rating
星5つ25%
星4つ50%
星3つ25%
星2つ0%
星1つ0%

メルマガ配信ができるサーバーを探していてCORESERVERに決めました。安くて大容量のサーバーだと思います。メルマガ配信は途中から使わなくなりましたが、その後もブログやサイトの作成などに利用しました。
CORESERVERの問題点は、管理画面が意外と複雑で分かりにくいことです。レンタルサーバーの初心者には、オススメできないかもしれません。

FUTOKAレンタルサーバー

Rebyc株式会社
レンタルサーバー
  • 最安値:780円/月
  • 初期費用:2,000円~2,500円
  • 2週間無料トライアル
3
3.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ100%
星2つ0%
星1つ0%

アダルトサイトを行うならFUTOKA専門で良いと聞いたので利用。
他のサーバーを利用したことがあるが、コントロールパネルや管理画面の使い勝手はイマイチ分かりにくかった。昔のアフィリエイトサイトのようなコントロールパネルだった。
日中はサクサク動くものの、夜間にサーバーを触ると重い時が多かった。ただ、サポートはしっかりとしており、質問と重いという話をすると対策と質問の回答もスムーズだったので、その点は評価したい

ラクサバ

Rebyc株式会社
レンタルサーバー
  • 最安値:99円/月
  • 初期費用:無料~1,650円
  • 無料お試し10日間
3.4
3.4 rating
星5つ0%
星4つ60%
星3つ20%
星2つ20%
星1つ0%

ラクサバを使用した感想ですが思った以上に速度も出ますし安定しており使い勝手が良いと感じたというのが素直な感想です。
コスパも良いですし十分使ってみる価値があると思いました。ただサポートだけはあまり良いという感じではなかったです。

レンタルサーバーのSSDの基礎知識

SSDは「ソリッドステートドライブ(Solid State Drive)」の略となり、レンタルサーバー内のファイルやデータを保存して記憶するための記憶装置を言い、半導体素子メモリを用いたストレージとも呼ばれます。

今までレンタルサーバーにおけるストレージはHDD「ハードディスクドライブ(hard disk drive)」が支流でしたが、技術の発展と共に比較的安く購入できるようになり、レンタルサーバーにおいても、SSD搭載のレンタルサーバーが多くなりました。

SSDとHDDの違いとは?

SSDとHDDの違いとしては構造や仕組みが異なり、電気的な機械信号を利用しデータの読み書きを行います。HDDとSSDの違いを画像と比較しながらお伝えしていきます。

従来のレンタルサーバーはHDDが支流で、以下画像のようにHDDはレコードやCDの形でディスクが入っており、ディスクが回転しながら磁気ヘッドでデータを読み書きしていきます。

レンタルサーバーHDD ハードディスクドライブ(hard disk drive)

HDD出典:TOSHIBA

一方、SSDは内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きを行います。(パソコンで利用するUSBメモリをイメージすれば分かりやすいです)

SSD

SSD出典:TOSHIBA

SSDとHDDの比較

SSDとHDDとの違いは、以下で比較する項目に違いがあります。

比較内容SSDHDD
コスト△高い○安い
データ容量△少ない○多い
処理速度○速い△遅い
耐久性○強い△弱い
利用電力○少ない△多い
重さ○軽い△想い
起動時の騒音○発生しにくい△大きな音が出る
寿命○長い△短い

 

以上の比較から、速い処理速度を求めるのであればSSD、ディスクに大容量を求めるならHDDとなりますが、実際はSSDでも大容量のレンタルサーバーが普及しており、比較的SSDの価格も安くなっているため、専用サーバーなどを検討される方以外は、断然SSDを選択した方が良いでしょう。

読み書きの速度が速いため表示速度はHDDの約3倍

SSDは従来のHDDに比べて読み書きの速度(処理速度)が速いため、表示速度はHDDの約3倍となります。

そのため、Webサイトを運営する場合やWordPressなどのCMSの運用や動的サイトなどがSSDにより高速になるため、SSD搭載のレンタルサーバーを利用することを推奨します。

オールSSDについて

データベースサーバー、WEBサーバー、メールサーバーなど、すべてのストレージにSSD搭載を行っているレンタルサーバーを基本的にはオールSSDと言います。

もちろん、オールSSD環境を提供しているレンタルサーバーの方が良いですが、データベースのみにSSDを搭載している場合でも効果が顕著に表れると言えます。

トップへ戻る

絞り込んで検索する

  • レンタルサーバーの種類

  • 特徴

  • Webサーバー

  • ストレージ

  • サポート体制