WADAX専用サーバーの評判・レビュー | サバラボ

WADAX専用サーバーの評判・レビュー

WADAX(ワダックス)
4.5
Rated 4.5 out of 5
2件のユーザーレビュー(星5つ中の評価4.5)
星5つ50%
星4つ50%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%
1TB以上HTTP/2対応root権限付与マネージドサーバー

利用ユーザーのレビュー・評判


利用して助かっています。コントロールパネルもおしゃれになった

Rated 5 out of 5
2020年6月29日

WADAXはサーバーも全然落ちることなく安定しているので助かっています。
Kernelアップデートや脆弱性対応を勝手にやってくれるのでありがたいと思います。また、上位にIPS/DDoS対策機器があり、OS自体が多少サポート切れであっても多少は安全なのも良い点です。
(実際に過去の大きい脆弱性があった時に通常OS側ではサポートしていないものもIPSでブロックしてくれていたので移転までの時間稼ぎになりました。)
最近はOSだけでなくコントロールパネルのアップデート等を行っており、コントロールパネルもかなりオシャレになったのがうれしいポイントです。
しかし、メールアカウントの作成が面倒で、一括で登録するオプション(有償)はありますが、一件ずつ登録するのがかなり面倒な作業です。もう少し安くなってくれたら嬉しいですね。

マネージドプラン・仕事で利用しました

マネージドプランは安心して管理可能

Rated 4 out of 5
2020年6月27日

WADAX専用サーバー(マネージドプラン)はオプションサービスが豊富で導入後は専用のファイアーウォールが使えるようになりました。また、セコムトラストシステムズの不正侵入検知予防サービスもあり不正なアクセスは24時間監視できるようになったので、安心してサイトの管理もできています。
防護システムがしっかりしているので大事なデータが保存されているサーバーに、不正アクセスされる心配もなくなりました。
ただ、月額費用はそこまで高くないですが初期費用はかなりかかりました。

マネージドプラン・日常的なサーバーの監視やサーバー管理

 


WADAX専用サーバーの特徴

  • 全プラン24時間365日サポートつき、管理と監視、セコムのセキュリティ対策が標準
  • マネージドプランかroot権限付きか選択可能
  • オプションサービスも充実

専用サーバー
共用サーバーのように1台のサーバーをシェアすることとは違い、本体を丸ごと1台独有して契約するレンタルサーバーです。共用サーバーより初期費用・月額費用共に値段が高くなります。

専用サーバーとは?


HDDHDD採用
HDD「ハードディスクドライブ(hard disk drive)」はレンタルサーバーの支流でしたが、価格やデータ容量以外はSSDの方が勝ります。処理速度を求めるのであればSSD搭載のレンタルサーバーを選択しましょう。

HDDとSSDの違い


SSD搭載SSD搭載
SSDは従来のHDDに比べて読み書きの速度(処理速度)が速いため、表示速度はHDDの約3倍となります。そのため、Webサイトを運営する場合やWordPressなどのCMSの運用や動的サイトなどがSSDにより高速になるため、SSD搭載のレンタルサーバーを利用することを推奨します。

SSDとは?


24時間365日メールサポート24時間365日メールサポートあり
24時間365日メールサポートを行っているレンタルサーバーです。メールであれば、数時間以内にレスポンスを行ってくれるため困った際に安心です。


24時間365日電話サポート24時間365日電話サポート
24時間365日電話サポートありのレンタルサーバーです。好きな時間に作業して困った時にも素早く対応してくれます。


チャットサポートチャットサポートあり
レンタルサーバーの不具合や質問を専用のチャット機能を利用して相談可能なレンタルサーバーです。チャットの質問時間が決められています。



ディスク容量が1TB以上ディスク容量が1TB以上
ディスク容量が1TB以上あるレンタルサーバーです。1TB(テラバイト) は 1,000GB(ギガバイト)となります。
ディスク容量にはWeb領域とメール領域が決められているレンタルサーバーもあるため、ご注意ください。


HTTP/2対応HTTP/2対応
HTTP/2は、2015年に公開されたHTTP/1.1の最新バージョンです。そのため、HTTP/1.1と比較した場合、HTTP/2は「複数のリクエストを同時に処理することができる」ため、ウェブページの読み込み速度が向上する(クロールが効率化する)という特徴があります。


平均価格と初期費用・月額費用の比較

専用サーバーの平均価格

初期平均 64,100

月額平均 20,872

WADAX専用サーバーの価格

初期費用 88000

月額費用 18150

初期費用と月額費用の平均価格は、当サイトの掲載しているレンタルサーバーの最安値価格の平均値となります。また、金額はすべて税別の表示となります。

レビュー投稿

レビュー投稿が可能なプランは「マネージドプラン(プラン1・プラン2・プランSSD)・セルフプラン(プラン1・プラン2・プランSSD)」となります。




製品情報(詳細)

公開日:   更新日:

サーバー基本情報

サーバー名

WADAX専用サーバー

WADAX(ワダックス)
公式サイト
https://www.wadax.ne.jp/service/private/
サーバーの種類
Webサーバー
提供プラン
マネージドプラン(プラン1・プラン2・プランSSD)・セルフプラン(プラン1・プラン2・プランSSD)
初期費用
88,000円~154,000円
月額費用
18150円~41800円
ディスク容量
ハードディスク
サーバーOS

CentOS 6:無料
CentOS 7:無料
CentOS 8:無料
Red Hat Enterprise Linux 6:有料
Red Hat Enterprise Linux 7:有料
Red Hat Enterprise Linux 8:有料
Windows Server 2012 R2 Standard:有料
Windows Server 2016 Standard:有料
Windows Server 2019 Standard:有料

CPU
Xeon E-2100シリーズ(4コア/8スレッド)・Xeon Silver 4100シリーズ(8コア/16スレッド)・Xeon Silver 4100シリーズ(8コア/16スレッド)
メモリ
16GBメモリ
サポート体制
データセンター
RAIDの構成
動作確認済みCMS

おすすめポイント

運営会社

企業名
企業公式サイト
https://www.gmo.jp/company-profile/outline/
所在地

グループ本社
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
4~14階・総合受付11階

グループ第2本社
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
9~16階・総合受付15階

大阪
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB23階

北九州
〒802-0003
福岡県北九州市小倉北区米町1-1-21 大分銀行・明治安田生命ビル 4階

宮崎
〒880-0806
宮崎県宮崎市広島1丁目18番7号 大同生命宮崎ビル 6階

設立日
1991年5月24日
資本金
50億円
事業内容
  • インターネットインフラ事業
  • インターネット広告・メディア事業
  • インターネット金融事業
  • 暗号資産(仮想通貨)事業
電話番号
03-5456-2555(代表番号)
許可関連
届出電気通信事業者 A-04-531
関連製品