WADAXあんしんWPサーバーの評判・レビュー | サバラボ

WADAXあんしんWPサーバーの評判・レビュー

WADAX(ワダックス)
4
Rated 4 out of 5
1件のユーザーレビュー(星 5つ中の評価4)
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%
HTTP/2対応WAF搭載独自SSL証明書無料自動バックアップ無料転送量無制限

利用ユーザーのレビュー・評判


とても使い勝手が良い印象です

Rated 4 out of 5
2020年6月29日

良い点をまとめると以下のようなイメージです。
①安定したサーバー
②IPS/DDoS対策機器標準
③Wordpressに特化
④PHPバージョン選べる機能が色々と便利
WADAXあんしんWPサーバーは標準で上位にIPS/DDoS対策機器が利用されており、コントロールパネルがPleskなので、機能が多く使った事がある人は便利だと感じます。
WordPressのサイトごとに簡単にPHPのバージョン等が切り替えられたり、MySQLも複数バージョンが入っていたりと、とても使い勝手が良い印象です。
利用開始直後にすでにWordpressがセットアップされているというのも好印象でWordpressのアップデート機能等もあるので、Wordpressを使う人からすれば結構良いと思います。
ただPHP7.4やMySQL8は現状未サポートで、使っていくにつれてコンパネの動作が遅いと感じることもありました。
サーバーは安定しており、今後に期待したいです。

WPスタンダードでリソース追加なし

 


WADAXあんしんWPサーバーの特徴

  • インストール可能なWordPress数は無制限のWordPress専用サーバー
  • CDNサービスのSpeed Kit標準搭載で表示速度を最大5倍向上
  • 自動で安全にWordPressのアップデート可能!セキュリティも万全

WordPress専用レンタルサーバー
WordPress専用は共用サーバーが多く、WordPress用に作られたレンタルサーバーとなり、高速化が期待できます。ただし、WordPress運用だけ行うことが可能なので、他の利用用途で使えないため注意しましょう。


共用サーバー
共用サーバーは1つのWebサーバーに対し、CPUやメモリ、サーバーOSやアプリケーション、HDD・SSDのハードウェアリソースを複数人でシェア(共用)するサーバーのことを言います。サーバーの中で一番安価なタイプのサーバーです。


Apache(アパッチ)Webサーバー:Apache(アパッチ)
Apacheは世界中で利用されているWebサーバーソフトウェアであり、運用や利用実績はWebサーバーソフトウェアの中でNo.1です。


SSD搭載SSD搭載
SSDは従来のHDDに比べて読み書きの速度(処理速度)が速いため、表示速度はHDDの約3倍となります。そのため、Webサイトを運営する場合やWordPressなどのCMSの運用や動的サイトなどがSSDにより高速になるため、SSD搭載のレンタルサーバーを利用することを推奨します。

SSDとは?


メールサポートありメールサポートあり
メールサポートがあるレンタルサーバーです。メールサポートはレンタルサーバーの標準サポートとして基本的にはサポートがあります。


電話サポートあり電話サポートあり
決められた時間、電話サポートが標準サポートされているレンタルサーバーです。電話サポートを行っているレンタルサーバーは全体の6割程度です。



HTTP/2対応HTTP/2対応
HTTP/2は、2015年に公開されたHTTP/1.1の最新バージョンです。そのため、HTTP/1.1と比較した場合、HTTP/2は「複数のリクエストを同時に処理することができる」ため、ウェブページの読み込み速度が向上する(クロールが効率化する)という特徴があります。


WAF搭載WAF搭載
WAFを標準搭載のレンタルサーバーです。
WAFはWeb Application Firewallの略で、Web上のアプリケーション用のファイアウォールのことで、「ワフ」とも呼ばれます。またWAFは、さまざまな種類のサイバー犯罪に、有効なセキュリティ対策だと言われています。


独自SSL証明書無料独自SSL証明書無料
独自のSSLサーバー証明書が無料のレンタルサーバーです。主に「Let’s Encrypt」という無料のSSLサーバー証明書を設定でき、一般的に販売されているSSL証明書とは暗号強度に違いはありません。


自動バックアップ無料自動バックアップ無料
レンタルサーバーにおける自動バックアップ機能は、各社・各プランによって保存領域や何世代まで保存してもらえるのかが異なります。また、多くのレンタルサーバーは自動バックアップを有料オプションにしている場合が多く、標準装備(無料)で自動バックアップを行っているレンタルサーバーは少ないため希少です。


平均価格と初期費用・月額費用の比較

レンタルサーバー平均価格

初期平均 1,233

月額平均 916

WADAXあんしんWPサーバーの価格

初期費用 3300

月額費用 2200

初期費用と月額費用の平均価格は、当サイトの掲載しているレンタルサーバーの最安値価格の平均値となります。また、金額はすべて税別の表示となります。

レビュー投稿

レビュー投稿が可能なプランは「WPスタンダード・リソース追加パック」となります。




製品情報(詳細)

公開日:   更新日:

サーバー基本情報

サーバー名

WADAXあんしんWPサーバー

WADAXあんしんWPサーバー
公式サイト
https://www.wadax.ne.jp/service/shared-wp/
サーバーの種類
Webサーバー
提供プラン
WPスタンダード・リソース追加パック
お試し期間
30日間返金保証あり
初期費用
3,300円
月額費用
2200円~2640円
ディスク容量
ハードディスク
転送量

全プラン転送量は無制限です。
(※あくまでも共用サーバーですので、あまりにも転送量の多い場合は、上位サービスへの移転や分散をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承ください。)

サポート体制
データセンター
RAIDの構成
動作確認済みCMS

おすすめポイント

WordPressの機能が充実

WordPress専用のサーバーのため、バージョン表示、セキュリティ状態の表示、アップデート状態の表示プラグイン・テーマ表示、WordPressのアップデート、テーマの切り替え、プラグインの有効化・無効化、プラグイン・テーマのインストール・アンインストール、プラグイン・テーマのアップデート、WordPress・プラグイン・テーマの自動更新、WordPressサイト間のデータ同期、WordPressサイトの複製(サブドメイン作成)、他サーバーからのWordPressの移行、手動インストールしたWordPressの検出と管理、メンテナンスモード、デバッグモード、パスワード保護設定など、様々な機能がサーバー内で利用可能です。

運営会社

企業名
企業公式サイト
https://www.gmo.jp/company-profile/outline/
所在地

グループ本社
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
4~14階・総合受付11階

グループ第2本社
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
9~16階・総合受付15階

大阪
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB23階

北九州
〒802-0003
福岡県北九州市小倉北区米町1-1-21 大分銀行・明治安田生命ビル 4階

宮崎
〒880-0806
宮崎県宮崎市広島1丁目18番7号 大同生命宮崎ビル 6階

設立日
1991年5月24日
資本金
50億円
事業内容
  • インターネットインフラ事業
  • インターネット広告・メディア事業
  • インターネット金融事業
  • 暗号資産(仮想通貨)事業
電話番号
03-5456-2555(代表番号)
許可関連
届出電気通信事業者 A-04-531
関連製品