専用サーバー

Home検索専用サーバー

専用サーバーを15件、掲載中です。

専用サーバーのユーザーレビュー・口コミ評価を一覧で掲載しています。

絞り込んで検索する  基礎知識を見る

平均月額

専用サーバーの月額平均 20,872円です。(更新日:2020年08月03日)

さくらのマネージドサーバ

さくらインターネット株式会社
  • レンタルサーバーのように利用できる専門サーバーのマネージドサービス
  • ハードディスクをHDD・SSDから選択可能
  • サーバー管理者は不要でサーバー1台を専有し、CPUやメモリなどを独占できセキュリティ面も安心
3
3.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ100%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:13200円/月  初期費用:49,500円〜


sixcore専用サーバー

エックスサーバー株式会社
  • フルマネージドの専用サーバーのため利用に専門の知識は不要
  • 1TBのディスク容量があり、Xeon6コアCPU、およびメモリ24GBを搭載
  • レンタルサーバーのように利用できるスペックが高い専用サーバー
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:30000円/月  初期費用:10,000円

30日返金保証


CPIマネージド専用サーバー

株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ
  • 専門知識不要で、高セキュリティーのマネージド専用サーバー
  • WordPressの推奨環境に準拠、ビジネス向けの安定したメール環境
  • 負荷分散が必要な大規模サイトも可能で冗長性の向上や、ビジネス用途に合せた最適なサーバー構成が実現
5
5.0 rating
星5つ100%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:27000円/月  初期費用:92,000円~140,000円


FUTOKA専用サーバー

Rebyc株式会社
  • アダルトサイトの運営が可能な専用サーバー
  • マネージドサーバーのため、管理に必要な知識は不要
  • 大規模サイト運用向け専用サーバー
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:36000円/月  初期費用:54,000円~75,600円

14日間お試し無料


CPI root権限付専用サーバー

株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ
  • 仮想サーバーとのハイブリット連携にも対応している専用サーバー
  • (注意)CHP-Sシリーズリニューアル予定であり、検討中の場合はまずはお問い合わせ
  • 回線帯域は1Gbps共有(ベストエフォート)
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:20000円/月  初期費用:150,000円


WADAX専用サーバー

GMOインターネット株式会社
  • 全プラン24時間365日サポートつき、管理と監視、セコムのセキュリティ対策が標準
  • マネージドプランかroot権限付きか選択可能
  • オプションサービスも充実
4.5
4.5 rating
星5つ50%
星4つ50%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:18150円/月  初期費用:88,000円~154,000円


さくらの専用サーバ

さくらインターネット株式会社
  • 月額9,900円から利用できる専用サーバー(自社データセンター、自社バックボーン)
  • 24時間365日オンサイト保守、休日・夜間の緊急トラブル時にも、専任スタッフが即座に対応
  • 標準構成のサーバーは最速10分でお届け、最新ハードウェアを1台専有し PCle Flashストレージも選択可
4
4.0 rating
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:9900円/月  初期費用:88,000円〜


カゴヤのマネージド専用サーバー

カゴヤ・ジャパン株式会社
  • 運用を任すことが可能なマネージドプラン、自社データセンターに常駐の技術者が即時に対応
  • SSD採用、多数のWordPressの運用、グループウェア、ECサイトの利用に最適
  • 転送量無制限で課金は一切なし、メール機能も充実
4
4.0 rating
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:9900円/月  初期費用:44,000円~165,000円

  キャンペーン中!


GMOクラウド専用サーバー

GMOクラウド株式会社
  • (注意)サイトに更新がなく、見れないプランもあり利用する場合は要電話確認
  • GMOクラウド ALTUSとのハイブリッド連携に対応
  • 24時間365日サーバー監視、24時間メール・電話サポート
4
4.0 rating
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:8381円/月  初期費用:無料~123,620円


フューチャースピリッツ・フルマネージド専用サーバー

株式会社フューチャースピリッツ
  • フルマネージド専用サーバー、訪問提案可、エンジニアサポート
  • 最短1営業日から設定可能、root権限は相談により譲渡可能
  • サーバー設定は全てお任せ、サーバー構成だけでなくドメイン移管等を含めたリプレイス計画を提案
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:45000円/月  初期費用:98,000円~148,000円


フレンドサーバー専用サーバー

フレンドホスティング
  • 安定した高速スペックマシンの海外の専用サーバー
  • データセンターは市リンコンバレーでメールサポートは日本語OK
  • 希望に応じてカスタマイズ可能なプレミアムプランあり
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:19000円/月  初期費用:$1150~$1955(約12万円~20万円)


Drive Network専用サーバー

株式会社シーポイント
  • サーバを複数台構成にスケールアウトする場合にも最適な専用サーバー
  • セキュリティ対策・バックアップ・運用監視すべてがパッケージ化で標準装備
  • サーバ構築・チューニング・運用は技術スキルのある専任スタッフの対応可能
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:44000円/月  初期費用:66,000円


スピーバーの専用サーバー(SpeeVer)

ライド株式会社
  • プランはありますが、専用サーバーの構築を相談しながら決定することが可能
  • 運営・管理を代行してくれるマネージドサービスも可能
  • 電話サポート、メールサポートが充実
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:15000円/月  初期費用:80,000円~150,000円


アナハイムエレクトロニクスSSDアダルト専用サーバー

アナハイム エレクトロニクス株式会社
  • アダルトサイト専用のSSD搭載型、root権限ありの専用サーバー
  • WordPressを含むCMS自動インストール機能あり
  • 年中無休の電話サポート・メールサポート、365日年中無休 リモートサポートで万全のサポート体制
5
5.0 rating
星5つ100%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:11500円/月  初期費用:無料


PROX(プロックス)専用サーバ

プロックスシステムデザイン株式会社
  • Proシリーズを用意しており、マネージドプランでの専門サーバー運用も可能
  • WordPressに特化したマネージドプランでの専門サーバープランあり
  • 複数台構成にも対応
0
0.0 rating
星5つ0%
星4つ0%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:6050円/月  初期費用:22,000円~352,000円


専用サーバーの基礎知識

専用サーバーは、レンタルサーバー(共用サーバー)のように1台のサーバーをシェアすることとは違い、本体を丸ごと1台独有して契約するサーバーです。

VPSと専用サーバー、共用サーバーとの違い

そのため、共用サーバーのデメリットである、他利用者の影響を受けることなくサーバーの運用が可能です。

シンプルに専用サーバーをお伝えすると、他者の影響をうけることなく共用サーバーより高スペックであり、より利用者にとって自由度が高いビジネス向けのレンタルサーバーと言えます。

専用サーバーの主な利用用途って?

専用サーバーの主な利用目的としては、

  • 負荷の高いWebサイト
    (SNSサイトや大規模Webサイト)
  • 独自のアプリ開発
  • 社員管理や顧客管理などの高いセキュリティが必要なデータ

などが挙げられます。

また、大手の子会社などは企業のWebサイトや共有データを管理や安全面より専用サーバーで運用を行うケースも多いと言えます。

他のサーバーと比較したメリット

他のサーバーと比較した専用サーバーのメリットは以下の通りです。

  • 別サイトの影響を受けたパフォーマンスの低下や障害に巻き込まれることはない
  • サーバー自体のスペックが高い場合が多い
  • 利用者の自由度、拡張性が非常に高い
  • Webサイト等の突発的な大量アクセスにも対応が可能

専用サーバーは基本的に「root権限」を保有している場合が多く、利用者の自由度、拡張性が非常に高く、サーバーにインストールされる全てのファイルにアクセスが可能なことがメリットとなります。

専用サーバーのデメリットとは?

専用サーバーの一番のデメリットは初期費用や月額費用がとても高いことです。

共用サーバーであれば月額100円~1,000円程度に対し、専用サーバーは数千円~数万円ほどの費用となり、クラウドサーバーやVPSではかからない初期費用も数十万円かかるケースもあります。

その他としては、

  • 設定や運用にサーバーの専門知識が必要となる
  • サーバーの安定運用や社内にサーバー管理者が必要となる

以上のことがデメリットになりえます。

また、共用サーバーでは標準装備されているケースが多かった「WAF(Webアプリケーションファイアウォール)」や不正侵入検知(IDS/ADS)なども有料オプションとなるケースが多いです。

デメリットを解消するマネージドサーバー

専用サーバーを契約する会社がすべて管理を行ってくれるマネージド専用サーバーも近年増えているプランです。

メリットとしては、

  • 専用サーバーの高スペックをそのまま活用できる
  • 初期設定を行ってくれる(有料の場合もあり)
  • 高いセキュリティと安定性が保たれる
  • サーバー監視や運用管理もサーバー運営会社に任せることができる
  • 複雑なサーバー管理、サーバー障害時の切り分け、復旧作業も対応してくれる
  • バックアップの対応も行ってくれる

以上のことが通常の専用サーバーと比較した際のメリットです。専用サーバーの「設定や運用にサーバーの専門知識が必要となる」「サーバーの安定運用や社内にサーバー管理者が必要となる」などのデメリットを解消するために作られたプランといえます。

しかし、root権限は管理者ではないので持つことはできないため、自度由度が無くなるというデメリットが発生します。

マネージドサーバー」はこちらにまとめているので、是非確認してください。

トップへ戻る

絞り込んで検索する

  • レンタルサーバーの種類

  • 特徴

  • Webサーバー

  • ストレージ

  • サポート体制