レンタルサーバー

Home検索レンタルサーバー

レンタルサーバーを98件、掲載中です。

レンタルサーバー(共用サーバー)のユーザーレビュー・口コミ評価を一覧で掲載しています。

絞り込んで検索する  基礎知識を見る

平均月額

レンタルサーバー(共用サーバー)の月額平均 916円です。(更新日:2020年08月03日)

エックスサーバー(XSERVER)

エックスサーバー株式会社
  • 国内最速へ、今なら新規契約でドメイン永久無料
  • 「第2世代AMD EPYC™」搭載でCPU約1.5倍の処理速度、「NVMe」対応で読み込み性能最大約14倍
  • 搭載メモリが256GBから512GBへ倍増
4.5
4.5 rating
星5つ67%
星4つ24%
星3つ6%
星2つ3%
星1つ0%

最安値:900円/月  初期費用:3,000円

まずはお試し!10日間無料!   キャンペーン中!


ロリポップ!レンタルサーバー

GMOペパボ株式会社
  • 国内シェアNo.1のレンタルサーバー
  • 爆速宣言、速度を最高レベルに
  • 全プラン、スペックを大規模リニューアル予定
4.2
4.2 rating
星5つ36%
星4つ52%
星3つ12%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:100円/月  初期費用:1,500円~3,000円

10日間無料でお試し   キャンペーン中!


さくらのレンタルサーバ

さくらインターネット株式会社
  • サーバーは24時間365日有人監視
  • コンテンツブーストでページ表示を高速・安定化へ
  • ビジネスプラン以上で月間7.5万PVの上限撤廃
3.8
3.8 rating
星5つ15%
星4つ50%
星3つ30%
星2つ5%
星1つ0%

最安値:131円/月  初期費用:1,048円~5,238円

2週間お試し無料!


ConoHa WING

GMOインターネット株式会社
  • 高速なLiteSpeed LSAPIを採用、国内最速No.1
  • Webサーバーにnginxを採用、同時大量アクセスの高速処理、安定性高
  • サービス品質保証(SLA)を導入
4.4
4.4 rating
星5つ50%
星4つ36%
星3つ14%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:800円/月  初期費用:無料

  キャンペーン中!


スターサーバー

ネットオウル株式会社
  • Webサーバーにnginx搭載、高速性・安定性向上
  • PHP高速化設定機能、WordPressの処理速度向上
  • クラウド型レンタルサーバー
4.1
4.1 rating
星5つ50%
星4つ25%
星3つ13%
星2つ12%
星1つ0%

最安値:126円/月  初期費用:1,500円~5,000円

2週間無料お試し   キャンペーン中!


ヘテムル

GMOペパボ株式会社
  • モジュール版PHP採用、CGI版PHPよりも高速に処理が可能
  • 自動バックアップ搭載、最大14日までのデータを復元可能
  • 大容量オールSSD
3.9
3.9 rating
星5つ13%
星4つ62%
星3つ25%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:800円/月  初期費用:2,000円

15日間お試し無料   キャンペーン中!


mixhost(ミックスホスト)

アズポケット株式会社
  • LiteSpeed採用で高速のサーバーでWordPressを90秒でスタート可能
  • 自動バックアップ&復元が無料
  • HTTP/3に日本初対応、CPUとメモリなどのリソース選択が可能
4.1
4.1 rating
星5つ15%
星4つ77%
星3つ8%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:880円/月  初期費用:無料

30日間返金保証   キャンペーン中!


お名前.comのレンタルサーバー

GMOインターネット株式会社
  • 月額最大2ヶ月間無料で1年間の費用はどこよりも安い
  • 独自ドメイン実質無料、対象ドメイン永年無料
  • ホームページエディタープラン&Microsoft 365メールプランなどのオプション充実
3.1
3.1 rating
星5つ14%
星4つ14%
星3つ43%
星2つ29%
星1つ0%

最安値:900円/月  初期費用:無料

  キャンペーン中!


wpX Speed

エックスサーバー株式会社
  • WordPress専用レンタルサーバーのためWordPress設置数は無制限
  • NVMe(エヌブイエムイー)の採用によりキャッシュ無しで10倍以上の高速化が可能
  • 料金は時間制で、上限金額が決まっているため安心
4
4.0 rating
星5つ0%
星4つ100%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:1200円/月  初期費用:無料

15日間0円でお試し   キャンペーン中!


iCLUSTA+(アイクラスタプラス)

GMOインターネット株式会社
  • サーバー管理の運用体制が強固であり法人企業向き
  • セキュリティが充実しておりバックアップ復旧も可能
  • メール・電話・FAXによる24時間365日サポート
4.1
4.1 rating
星5つ29%
星4つ57%
星3つ14%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:934円/月  初期費用:5,000円

30日間返金保証   キャンペーン中!


カゴヤ共用レンタルサーバー

カゴヤ・ジャパン株式会社
  • 自社データセンターで運用し、専任の技術者が365日常駐
  • 仕事で利用するためのメール機能は充実
  • 大量アクセスも可能なようリバースプロキシとしてNginxを採用
4.3
4.3 rating
星5つ50%
星4つ33%
星3つ17%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:880円/月  初期費用:無料~3,300円


CPI共用レンタルサーバー

株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ
  • 運用実績20年以上あり法人利用率90%以上
  • サポート体制が完璧(24時間365日対応)、国産SSLを無料提供、セキュリティも強固
  • 主契約ドメイン+独自ドメイン(1個)に対して、500GB(ウェブ300GB + メール200GB)を提供
4.6
4.6 rating
星5つ60%
星4つ40%
星3つ0%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:3800円/月  初期費用:無料~20,000円

10日間無料


JETBOY(ジェットボーイ)

株式会社ライムテック
  • クラウドのようにCPUコア数、メモリの割り当て・スケールアップが可能
  • サーバーOSがCloudLinuxのため、他のユーザーの影響を受けにくい
  • WebサーバーはLiteSpeed対応で高速化
3.2
3.2 rating
星5つ0%
星4つ40%
星3つ40%
星2つ20%
星1つ0%

最安値:290円/月  初期費用:500円~3,600円

14日間無料トライアル


WADAX(ワダックス)共用サーバー

GMOインターネット株式会社
  • 電話・メールのサポートが24時間365日対応、「NO!言わない」が信念
  • セコム社と連携した不正侵入防御(IPS)を導入
  • 全プラン転送量が無制限
3.6
3.6 rating
星5つ20%
星4つ20%
星3つ60%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:1210円/月  初期費用:3,300円

30日間返金保証あり   キャンペーン中!


コアサーバー(CORESERVER)

GMOデジロック株式会社
  • 独自ドメインの取得からサイトの表示まで最速1分で可能
  • 強固なセキュリティ体制でリージョン(データセンター)も東京・大阪と選択可能
  • 最大28コアのCPUと最大384GBのメモリと高スペックサーバー
4
4.0 rating
星5つ25%
星4つ50%
星3つ25%
星2つ0%
星1つ0%

最安値:198円/月  初期費用:無料

30日間無料お試し


レンタルサーバーの基礎知識

当サイトではレンタルサーバーは、共用サーバーのことを指しており、その他サーバー種類に関しては、

などの分類となります。以上のサーバー関しては、リンクからページをご確認ください。

レンタルサーバー(共用サーバー)とは?

レンタルサーバー(共用サーバー)は1つのWebサーバーに対し、CPUやメモリ、サーバーOSやアプリケーション、HDD・SSDのハードウェアリソースを複数人でシェア(共用)するサーバーのことを言います。

共用サーバーについて

1つのサーバーをシェアするため、基本的には4種類の中で一番価格帯が安く、最も自由度が低いレンタルサーバー(共用サーバー)となります。

レンタルサーバー(共用サーバー)のメリット

他のサーバーと比較した場合のレンタルサーバー(共用サーバー)のメリットとしては、以下のようなメリットや特徴があります。

  • レンタル費用(初期費用・月額費用)が安いこと
  • サーバーに関する知識があまり不要なこと
  • 簡単で専門的な多くのツールが用意されていること
  • メンテナンスが不要であり運用が楽なこと
  • サーバー利用を開始できるスピードが早いこと

利用者が一番多いのもこのレンタルサーバー(共用サーバー)であり、専門知識が不要で費用が安いことから法人企業・個人問わず人気があります。

また、中には一切費用が掛からない無料のレンタルサーバーや、月額100円から始めることができるレンタルサーバー(共用サーバー)もあります。

デメリットもあります

一方、他のサーバーと比較した際にレンタルサーバー(共用サーバー)を利用するデメリットも存在します。

  • 他の利用者の影響を受ける可能性があること
  • 利用者の自由度は低く、個別の設定ができないこと
    (root権限がないこと)

以上のことがデメリットとして挙げられます。

専門知識が不要というメリットの逆として、個別に設定できる自由度が低いため、Webサイトなどの作成には向きますが、大規模サイトや特にアプリケーションの開発などに利用することは難しいと言えます。

他の利用者から受ける影響事例

共有サーバー他の利用者から受ける影響

  • 他の利用者や自分がサーバーに大きな負担をかけたため、影響を受ける(例:Webサイトの表示速度が遅くなるなど)
  • 粗悪な利用者がスパムメールやウィルスをばら撒くメールを行った場合、共用サーバーの利用者すべてがブラックリストに登録されてしまう
  • 他の利用者や自分が決められた月間アクセス数(転送量)を超えた場合など、プラン変更を強制される場合がある

など、他の利用者から影響を受けやすいことがデメリットです。

基本的には、そこまで問題になることはありませんが、粗悪な利用者が多いレンタルサーバー(共用サーバー)などは注意が必要です。

クラウド型レンタルサーバーも登場しています

クラウド型レンタルサーバーと共用サーバーの違い

レンタルサーバー(共用サーバー)とクラウドサーバーのを良いとこ取りをしたような、「クラウド型レンタルサーバー」も近年では登場し、人気があります。

他の利用者からの影響をレンタルサーバー(共用サーバー)より受けにくく、CPUやメモリを運営状況に合わせて拡張することも可能です。

是非、確認してみてください。

トップへ戻る

絞り込んで検索する

  • レンタルサーバーの種類

  • 特徴

  • Webサーバー

  • ストレージ

  • サポート体制